元気な女の子にぴったり 折畳もできるジュニアサイクル マイパラス M-802F-P ローズピンク 折り畳み子供用自転車 同梱配送不可 22インチ 6段変速 代引き不可 本州以外配送不可 セール 登場から人気沸騰 /Aretinian335045.html,sangeetmilon.org,],折り畳み子供用自転車(22インチ・6段変速),元気な女の子にぴったり!折畳もできるジュニアサイクル,M-802F-P,ローズピンク,[,]【同梱配送不可】【代引き不可】【本州以外配送不可】,11667円,マイパラス,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , キッズ・ジュニア用自転車 11667円 元気な女の子にぴったり!折畳もできるジュニアサイクル マイパラス M-802F-P ローズピンク [ 折り畳み子供用自転車(22インチ・6段変速) ] ]【同梱配送不可】【代引き不可】【本州以外配送不可】 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング キッズ・ジュニア用自転車 11667円 元気な女の子にぴったり!折畳もできるジュニアサイクル マイパラス M-802F-P ローズピンク [ 折り畳み子供用自転車(22インチ・6段変速) ] ]【同梱配送不可】【代引き不可】【本州以外配送不可】 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング キッズ・ジュニア用自転車 /Aretinian335045.html,sangeetmilon.org,],折り畳み子供用自転車(22インチ・6段変速),元気な女の子にぴったり!折畳もできるジュニアサイクル,M-802F-P,ローズピンク,[,]【同梱配送不可】【代引き不可】【本州以外配送不可】,11667円,マイパラス,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , キッズ・ジュニア用自転車 元気な女の子にぴったり 折畳もできるジュニアサイクル マイパラス M-802F-P ローズピンク 折り畳み子供用自転車 同梱配送不可 22インチ 6段変速 代引き不可 本州以外配送不可 セール 登場から人気沸騰

元気な女の子にぴったり 折畳もできるジュニアサイクル マイパラス M-802F-P ローズピンク 折り畳み子供用自転車 同梱配送不可 22インチ 6段変速 代引き不可 本州以外配送不可 セール ハイクオリティ 登場から人気沸騰

元気な女の子にぴったり!折畳もできるジュニアサイクル マイパラス M-802F-P ローズピンク [ 折り畳み子供用自転車(22インチ・6段変速) ] ]【同梱配送不可】【代引き不可】【本州以外配送不可】

11667円

元気な女の子にぴったり!折畳もできるジュニアサイクル マイパラス M-802F-P ローズピンク [ 折り畳み子供用自転車(22インチ・6段変速) ] ]【同梱配送不可】【代引き不可】【本州以外配送不可】





KEEN キーン サンダル レディース スポーツ アウトドア ブランド Sandals 女性 大きいサイズ 正規品 ファッション 【10/25迄1000円OFFクーポン】(取寄)キーン レディース エル バックストラップ サンダル KEEN Women's Elle Backstrap Sandal Black / Thistle 送料無料)。

【使用する動作を明確にさせたシンプルでクリエイティブな商品シリーズ】 【受発注品】ナカバヤシ フォトフレーム simplaft シンプラフトフォトスタンド 3個セット(同色) L判 PSL-SPT ホワイト/グレー/ブラウン

小説の主人公はこれから老後を迎える 53歳の後藤篤子という女性で、これを映画では天海祐希が演じているようだ。53歳といっても、原作が世に出たのは 2015年で、この年の人口ピラミッドをみると、こんな具合だ(参照)。

この頃の 50代といえば、団塊の世代と団塊の世代ジュニアのほぼ中間ですぼまっている部分で、同世代人口の比較的少ない年齢層とわかる。上下の圧倒的な数の世代に挟まれて、しわ寄せを食いやすい存在だ。

老後の資金に限らず、いろいろな面で気苦労が多くなってしまう。映画では草笛光子の演じる義母の振る舞いに困惑し通しになるらしいが、まあ、そんなような宿命にある世代なのかもしれない。

いずれにしても、「人口ピラミッド」なんて言われているが、実際の形は下に行くほどつぼまっていて、今の 10代の幅なんて団塊の世代の半分強しかない。近所を歩いても「じいさんばあさん」ばかり目立つわけである。というわけで、2020年の人口ピラミッドは、2015年の時点でこんな具合に予測されていた。

現在の数少ない高校生以下の世代は、上に巨大な重石を二段重ねで乗っけられているようなものだ。今は「団塊の世代ジュニア」が現役バリバリで世の中を支えているからまだいいが、あと 20〜30年したら、人口ピラミッドが「人口逆ピラミッド」なんて言われてしまいそうだ。

これじゃあ、若い世代が老人の生活を支えろと言ってもムリなわけで、それぞれが「老後の資金」を蓄えておくしかない。ところが日本人の多くは現在の生活に精一杯で、貯金なんてしている余裕がないという。「老後の資金がありません」なんて、当たり前のことになる。

私としても来年は 70歳だというのに、何だかんだと言いながら細々と仕事を続けている。まあ、個人事業主で気に入った仕事しかしないというわがままを通してるからいいが。

しばらくは元気で働いて、時が来たら後の世代に迷惑をかけないようにポックリと逝ってしまうのが一番いいのかも知れないね。取りあえず、それまではあっけらかんと生きていくことにしよう。

 

2021年10月25日 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6)
豪雨でも雨の侵入を防ぐ耐水圧と内部の蒸れを防ぐ透湿性を併せ持つ生地はPERTEX SHIELD+を採用 rericレリック Virungaヴィルンガ レインパンツ カーキ

2021年10月24日

街に人もクルマも増えている

下の写真は、一昨日の金曜日、『和歌ログ』で使った写真だ。急に冷え込んで「雨止まぬ帰宅ラッシュの国道で車内暖房のスイッチを押す」なんていう歌を詠んでいる。

写真で見るように、国道の下り方向がかなり混んでいて、赤信号の手前に信号待ちの長い列ができ、そこに至るまでもかなり前からノロノロ運転になっていた。こんなに混雑するようになったのは久しぶりのような気がする。

コロナ禍が少し収まりつつあるため緊急事態宣言が解除され、実際に出社しての仕事をするようになった企業が多いのだろう。テレワークもすっかり定着するまでには至らなかったようだ。

昨日の土曜日は、ショッピングセンターで買い物をしたが、あんなに家族連れの多い光景を久しぶりに見る気がした。個人的には、子どもを人混みの中に連れ出すのはまだリスクが大きい気がするのだが、子どもの方でも家に閉じ籠もりきりの状態に耐えられなくなっているで、難しいところだろう。

さらに今日は所用で常磐高速道を使ったのだが、渋滞とまではならないまでもかなり交通量が増えていた。日曜日で天気も良かったので、幸楽に出かけた人も多かったのだろう。これまでとは大きな違いだ。

コロナ・ワクチンの接種率はようやくかなり高くなってきているが、若年層ではまだまだ低い。もし第 6波なんて言われるほどのリバウンドで感染者が増えるとしたら、30代以下の若い層だろう。用心するに越したことはない。

私は来月半ばに大阪に出張することが決まったが、大阪府のコロナ感染者数は近頃ずっと東京を上回っている。大阪人は喋るのが好きな上に声も大きいから感染が広がりやすいなんて言う人もいるが、それは冗談としても、用心はしなければならないだろう。

ワクチンの 2回接種を済ませたとはいえ、絶対に安全というわけではないというのが鬱陶しい。

| | コメント (0)

2021年10月23日

人は案外、字を読まない(ましてや英語だとなおさら)

下の画像は、2019年 7月 17日付の「ファンタスティック過ぎる英語教材」という記事で紹介したものだ。i-smile という英語教材会社が、2年前頃にネット上で大々的に展開した広告の(参照)一コマなのだが、昨日の記事で蒸し返して思い出したので、敢えて別記事として深掘りしてみたい。

この広告のマンガに登場の若い女の子は、海外旅行の入国手続きで "Have a nice day." と言われて「幅ないっすね」に聞こえ(フツー、そうは聞こえないよね)、何か悪口を言われたのかと悩んでしまうほど英語ができなかったという設定である。そこで一念発起して、i-smile の教材で勉強を始める。

そして何と、「たった 2ヶ月で英語ペラペラ」になり(あり得ないよね)、街で "Exusse me. I want to go to Asakusa." と、妙にこなれない英語で話しかけてきた外国人に、自信満々で応える。それが上の画像である

"Even a train can go on a bus, but where do you go?" (列車さえもバスに乗って行けますが、あなたはどこに行きますか?)というのだから、まことにもって「ファンタスティック過ぎる英語」と言うほかない。おまけに「話せるようになれたんです」という日本語もおかしいし。

このマンガ、i-smile 側としても私がブログで槍玉に挙げたことを伝え聞いたか、ようやく "Oh, my God!" とアセったらしく、慌てて修正したようだ。私の記事にも、約 9ヶ月後の 4月 30日付として、次のように追記している。

書き忘れていたが、私がこの記事を発表して暫くすると、問題の広告の女の子のセリフが ”You can take a bus or train to go to Asakusa." に変更されていた。

いくらこっそり修正してても、私が証拠物件として保存した上の画像が残ってるので、トボけ切ることはできないのだがね。

ただ、今日の話で強調したいのは、この「デタラメ英語」そのものではない。どういうことかというと、"Even a train can go on a bus, but where do you go?" でググってみても、ご覧の通り、私の過去記事 1本しか検索されないってことだ。これには驚いた。

(これ、Even a train can go on a bus, but where do you go? だけでググると、類推検索でいろいろなページが表示されてしまうので、両側に " " を付けるのをお忘れなく。念のため)

念のため Twitter 内で検索してみても見つからない(参照)。(ただし、遅ればせながら今後話題になることがあれば、それなりの検索結果が表示されるだろうけど)

英会話教材会社ともあろうものがこんなファンタスティック過ぎる英語を、少なくとも 1ヶ月以上(実際には多分、3ヶ月以上)にわたり、大々的にネット上に晒していたのだから、Twitter で突っつかれて大炎上していたとしても不思議じゃない。しかし実際は、そんなことには全然ならなかったのである。

ということは、あれだけ派手なネット広告だったにも関わらず、このメチャクチャな英語に気付く人はほとんどいなかったってわけだ。要するに人って、案外字を読まないのだね。ましてや英語だとなおさらで、ほとんどまともに読まずに「雰囲気のもの」としてスルーしてしまうようなのだ。

Twitter でことさらな炎上劇を作りたがるユーザーは少なくないと見受けるのだが、そんなわけで、彼らもコンテンツに英語が入ると、格好の炎上ネタでもそれに気付くことすらないのだね。ずいぶんドメスティックな存在みたいなのである。

このことによる教訓は、以下のことである。

かなりビミョーでアブナいことを言いたい場合は、日本語でなく英語で書いておけば、余計な炎上は確実に避けて通れる。

ただし、ほとんど読んでもらえないことも確実ではあるのだが。

 

| | コメント (2)

2021年10月22日

やっぱり「聞き流すだけ」じゃ、ダメだったみたい

"石川遼でおなじみ、英会話教材「スピードラーニング」が事業終了していた 理由は「諸般の事情」” というニュースが飛び込んできた。この手の英会話教材については、過去に何度か書いてクサした記憶があるが、それにしても「諸般の事情」とは笑ってしまうね。

自分のブログ内をちょっとググってみただけで、以下の 5本の記事が見つかった。いずれも「胡散臭い」と決めつけるトーンで書いている。

「聞き流すだけ」 という英会話教材を巡る冒険(2012年 3月 14日)
「聞き流すだけ」というおとぎ話(2015年 3月 24日)
タイルとガラスのコントラストが美しい高級感ある壁材で、自宅や店舗の壁をおしゃれに模様替え タイル ガラスモザイク モザイクタイル グラス キッチンタイル 洗面タイル 壁 おしゃれ 高級感 白【セラミラージュ 01 ホワイト シート販売 】(2015年 8月 9日)
パソコン教室と、「聞き流す英会話」(2017年 1月 18日)
例の「聞き流す英会話」の CM に関する素朴な疑問(2017年 1月 19日)

スピードラーニング以外の似たような教材に関しては、なんと 9年も前からクサしている。私ってば、こうした類いの教材をよっぽど信用していないようで、一昨年辺りからは「ファンタジー」と決めつけている。

たった 90日で 「英語がペラペラ」 になるなんて(2009年 2月 27日)
ファンタスティック過ぎる英語教材(2019年 7月 17日)
英会話教材はさらなるファンタジー化を遂げている(2019年 7月 29日)

ちなみに、スピードラーニングを実際使っていたという人の tweet を見つけた。こんなようなものである。

「毎日 5分聞けば片言ぐらいは喋れるようになります」とあるが、この教材は「毎月 3,800円(税別)からの定額制学習プログラム」というのだから、「片言ぐらい」の英語を喋るためとしては、コスパ悪すぎるんじゃないかなあ。

このあたりのことについては、上述の パソコン教室と、「聞き流す英会話」 という記事で以下のように述べている。

パソコン教室に通っても添付ファイルすら送れない知人が最近、「スピードラーニングをやってみようかと思っている」なんて言い出したので、「そんなものやっても、せいぜい道案内ぐらいしかできないと思いますよ」と答えておいた。

すると彼は、「いやいや、道案内できるようになるだけでも立派なものじゃないですか」なんてことを言う。

「その程度は、中学生英語でいけるはずなんですけどね」と言うと、黙り込んでしまった。

うぅむ、また余計なことを言ってしまったかな。

というわけで、日本では大学を出ても「英語の道案内」程度のことがファンタジーみたいなのである。ファンタジーの教材がファンタジーなのも、仕方がない。

 

| | コメント (4)

2021年10月21日

久しぶりで旅ができそう

久しぶりの出張が決まった。来月中旬に大阪に行くことになったのである。東海道新幹線に乗るのが 1年 4ヶ月ぶりになると気付いて、我ながら驚いている。

ここ 20年ぐらいは、月に 2〜3度は日本各地に出かける仕事が入っていたのだが、コロナ禍のせいで激減し、昨年 1月からの出張を振り返ると、関東圏で日帰りした以外では下に示した10回だけだ。平均すると例年の 5分の 1 以下の頻度である。

このほか 3月に、「旅の禁断症状」を和らげるためにプライベートで飛騨に旅している(参照)が、これを含めても今年に入ってからは 10ヶ月でわずか 4回。 フツーなら「結構行ってるじゃん!」と言われそうだが、風来坊の私としては、こんなにまで旅が少ないのは高校を出てから初めてだと思う。

それにコロナ禍に配慮して、たまに出張に出てもほとんど寄り道もせずに帰るから、まったく味気ない。昨年 3月末の網走出張で「せっかくこの季節に来たんだから、このまま帰すわけに行かない」と強く勧められ、流氷見物をした(参照 1参照 2)のが唯一の例外である。

ここに来てコロナ禍がやや下火になったので、ようやくまともに「旅らしい旅」ができそうな雰囲気になった。とはいえ、今回はたかだか 2泊 3日ぐらいのちゃっちいものではあるが。

今度の旅では、大阪での仕事の本番の前後どちらかに、京都にでも立ち寄って秋の古都を味わってみようと思う。京都はこれまで何十回も行って見るべきところは見尽くしてしまっている気もするが、見落としてしまっているスポットがあるかもしれない。

さて、どんなところに行こうか。楽しみ、楽しみ。

 

| | コメント (4)

2021年10月20日

私が依然として「Apple 信者」になり切れないのは

BBC ニュースによると、Apple は中国で ”Quran Majeed” というコーラン・アプリを取り下げたのだそうだ(参照)。これ、コーランを多言語(日本語には対応していない)で読んだり聞いたりできるもので、"Essential app for all Muslims"(全てのイスラム教徒必須のアプリ)と紹介されている(参照)。

Apple は、この措置は中国政府からの要請によるものだとしているが、中国政府は直接にはこれについて声明を発表しておらず、BBC の取材にも答えていないという。ただ、最近の新疆ウィグル自治区のイスラム教徒に対する迫害と人権侵害と無関係とは考えられない。

私はムスリムではないが、こんなニュースを聞くと「中国に生まれなくてよかった」と単純に思う。中国では信教の自由が表向きは保障されているが、各論ではこんなことになる。いろいろな方面で「無茶な各論」が出てくるのだから、このようなブログを書いても迫害されるだろう。

Apple はこの件に関してはうやむやな態度に終始しているという。最高経営責任者の Tim Cook は米国の政治家の偽善的な発言などは厳しく批判するが、中国に関してはかなり生ぬるい。これは、中国がアップルにとって、生産・販売の両面で重要マーケットとなっているからとみられる。

自分自身について言えば、私は iMac、MacBook、iPhone、iPad、Apple Watch を使っている。傍目には典型的な「アップル信者」に見えても仕方がないが、自分でそう言い切ることには、今でも抵抗がある。

6年半前の「アップル信者になり切れない私」という記事で私は、Apple 製品の仕様に完全には馴染みきっていないことを告白している。しかしその 4年半後の追記では、この面についてもかなり馴染んだことを報告し、"「Apple 信者」に近付いてしまった" なんてことを書いた。

ただ、それでも「まだ今イチ、なり切れていない」としているのは、残念なことに、企業姿勢としてこんなことがあるためでもあるのだよね。

 

| | コメント (0)

«葬儀と「清めの塩」と画一化の問題について